So-net無料ブログ作成
検索選択
デバイス ブログトップ

中国が発表したGoophone i5が完全にiphone5のパクリでワロタwww [デバイス]

はい、これです。

1346839250.jpg

2012-09-05_222705.jpg


そのまんますぎワロタwwwwww


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

続きを読む


【iphone5】ついに発売決定!発売日は?性能など従来との違いは? [デバイス]

ついに発表されましたね。iphone


気になるその情報をちょっと調べてみました。


表面はこんな感じ。

iphone5Concept.png


裏面は結構変わっていて・・・続きへ。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

続きを読む


IGZO液晶パネルとは? シャープ×鴻海(ホンハイ)提携!? [デバイス]



この酸化物半導体(通称IGZO)は従来のアモルファスシリコン(※1)を使用した液晶に比べ、明るく、消費電力が低くなり、さらなる高精細化(高解像度化)も出来るようになる。

画期的なパネルである。

アップルもこれに関与している。

IGZOとはインジウム(In)ガリウム(Ga)亜鉛(Zn)から構成される酸化物(O)のI,G,Z,Oからとられた名称だ。


images.jpg


そして今回、シャープとホンハイが提携しようという動きが起きている。

目的は韓国に打撃を与えるためだ。

台湾メディアはかなり注目しているようだ。


鴻海側がシャープに対し、高精細で量産効果の高い中小型の次世代液晶技術の供与を求めているのだが、

それが、上記の「IGZO」である。

シャープはそのIZGOを提供するのを渋っているようだ。
技術の流出を懸念しているためだ。

たしかにその不安はあるだろうが、
韓国に打撃を与えれるならどんどんやったほうがいい。

サムスンは真似しかしないので。


シャープがどう動くか今後注目されるだろう。


ちなみに、今速報で、

シャープが給与について給与削減を行うようだ。

管理職   給与10%削減
一般社員  給与7%削減

業績は思わしくないようである。

大手だから良い、というわけではないってことはこれから学ばないといけないですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

HMZ T2 ソニーから3Dヘッドマウントディスプレイ 発売日、値段は!? [デバイス]

ソニーからHMZ T2という3Dヘッドマウントディスプレイが発表された。

2785ed3b.jpg


頭につけてつけてパソコンディスプレイなどをこの装置で見るって感じです。

以前にもHMZ T1というのがあったようですが、今回は20%も軽量化され、パフォーマンスも更に良くなっているようです。


参考動画です。





デバイス技術もすごい所まで来ましたね。


これでFPSゲームとかやったら白熱すること間違いないんじゃないでしょうか。


以下商品説明です。(引用)

---------------------------------------------------------------

・鮮明な高解像度で2Dと3D映画とゲームをしてください
・明るい、透明なOLEDスクリーンとより軽い、より調節可能なヘッドセットで円滑な、快適な視聴を楽しんでください
・仮想5.1のサラウンド・サウンドで完全な空気を得てください


全てのはまれるゲームと映画
さらに軽くて、快適で、ソニーからのすべて新しいPersonal 3D Viewerは、仮想5.1のサラウンド・サウンドによるヘッドマウント式、ハイDefinition 2Dと3D個人の表示です。あなたを本当に個人の経験に吸収するために鮮明な、スーパー鮮明な像(0漏話干渉で)を示す対のOLEDスクリーンで、それは映画とゲームに絶好です。


はっきりした、円滑な、映画の3D視聴
Personal 3D Viewerは各々の目のために専用の、高い反応Organic Light-Emitting Diode(OLED)スクリーンを特徴とします。そして、それは鋭い対照とぼやけないこと深い、鮮明なカラー状態を再現します。そして、45°視野で、あなたはワイドスクリーン映画館経験に完全に没頭していると感じます。

HMZ-T2も、より大きなプライバシーとあなたの視聴経験への完全な関与のために一組の分離できて調節可能な軽いシールドを持っています。これらの柔軟な軽いシールドは単にPersonal 3D Viewerの上で、または、それからとまって、ヘッドセット快適さとデザインに完全に控え目です。


映画ファンまたはゲーマーのための視聴完全
Personal 3D Viewerは、映画ファンとがっしりしたゲーマーのために作られます。毎秒24コマで、大画面を目的とするディレクターとして、24pトゥルーCinemaモードは、正確に映画を示します。または、あなたが熱心なゲーマーであるならば、滑らかな速い行動シーケンスのためにClearモードを選んでください。あなたがたとえ何を選んでも、あなたが見ることができるか、より長い時間の間気持ちよく大好きな映画/ゲームをすることができるように、Auto Colour Temperature調整は青くから赤い色までイメージ・トーン強さを徐々に降ろします。


5.1のサラウンド・サウンドに夢中になってください
しっかりしたモードの選択で、ちょうどまるであなたが本当の5.1のチャンネル・サラウンド・サウンドを聞いているように、Personal 3D Viewerは360o自然な音場をつくるためにVirtualphones[トレードマーク]技術を特徴とします。組み込まれるHarmonic Equalizer技術もあります。そして、それはより完全な、よりゆったりした音のためにデジタル波形で音声圧縮負けを回復します。


より軽くて安心感を帯びるためにより調節可能な
ちょうど330gの重さで、安心感を帯びるためのよりすばらしいオプションで、Personal 3D Viewerは、前のモデルより20%軽いです。それは、リラックスしてはっきりした3D視聴のために、位置スクリーン・レンズで非常に可調ヘッドバンドと安全な、穏やかな合うものに対する額支持をします。あなたは、はまれるサラウンド・サウンドを楽しむために、あなた自身の大好きな有線であるかワイヤレス・ヘッドホンまたは内耳電話を使うこともできます。

「HMZ-T2 Personal 3D Viewerについてのすべては、快適さと全身浸礼のために設計されます」と、吉岡直人は言います。そして、ホームがソニー・ヨーロッパ(「それで、一旦映画を見るか、ゲームをするならば、あなたはスリルに富んだ行動に全く熱中していて、ヘッドセットさえ着ていることを忘れます。」)のAudio Video Senior Product Managerです、



HMZ-T2Personal 3Dビューア

・没入型フルHDの2Dおよび3D - 45°フル映画のワイドスクリーン映像を楽しむ

・スムーズな3D表示 -それぞれの目に専用の高応答OLEDスクリーンがスムーズに画像のクロストークのぶれずに2Dと3Dの画像を表示

・バーチャル5.1チャンネルの音 -周囲の音と、鮮明でクリアな360°オーディオも、高調波イコライザーオーディオエンハンスメントおよびリスニングモードの選択

・鮮明で高コントラストの画像 - TruBlackディスプレイは明確な視覚経験を作成

・時間も快適に鑑賞 -自動色温度調整が少なく眼の疲労と長く遊びのために画像のトーン強度を低下させる

・強化されたパフォーマンスのための調節可能なアジャスタ -最適な快適さ、ヘッドバンドと額をサポートするためには、正確な3D鑑賞するために調整可能なスクリーンのレンズで、完全に適応可能である

・お好みのヘッドフォンを使用して -あなた自身の有線または無線のヘッドホンやインナーイヤーフォンを使用して、それをより個人的にさせる

・ワイヤレスリモコン -アクションから壊すことなく、音と視覚を調整し、ワイヤレスでメニューにアクセス

・他の人がテレビを見ながらプレイ -デュアル出力スイッチャーは、着用者が(周囲または他の方法で)ゲームを再生しながら他の人がテレビや映画を見ることができることを意味している。

----------------------------------------------------------


これはゲーマーにとっては最高でしょう。

FPSゲームのみならず、その他一人称視点でプレイするゲームには相性抜群ですね。



気になる発売日と値段ですが・・

まだ未定とのこと。

今回は商品の発表だけのようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
デバイス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。