So-net無料ブログ作成
検索選択

Googleトップのイラスト関連 マリア モンテッソーリとは誰か。 [Google]

マリア モンテッソーリ.jpg

グーグル(Google)のトップの画像が何やらおもちゃのイラストになっています。


これは、イタリア出身の女性医学博士(女性の医学博士は彼女が世界初らしい)であるマリア・モンテッソーリ生誕142周年を記念したもののようです。


↓彼女の写真

200px-Maria_Montessori.jpg


あらキレイなこと。


で、一体誰やねんというと、

----------
彼女は感覚教育に重点を置く教育(モンテッソーリ教育)を確立し、知的発達障害児童の知的水準を引き上げることに成功。

色や触感を大事にするモンテッソーリ教育は日本でも紹介され、日本では情操教育などで主に活用されてきた。
---------

要は、教育の部門で新しいことを過去に打ち出した人ってことですな。


この人の影響は結構あるらしく、今でもおもちゃとか、モンテッソーリ幼稚園ってゆう名前までついたものもあるらしい。



ローマ大学での医学部に女性として初めて入学したけど、


男子と同じように同室ではなく1人別室で解剖しなければならかったなど差別的なこともされたようだ。



あるとき知的障害の赤ちゃんを診ている最中に、感覚的な刺激を与えるようにしたところ、何らかの知能向上が見られたっていうのが始まりらしい。


要はモンテッソーリ教育は、「知的障害のある子にはおもちゃとかで遊ばせて感覚を養うんや!」


って言えますね。



でもこれって正常な子供にも言えることですね。


つみき、パズル、ぬいぐるみ、いろいろ感覚的に刺激を受け取れるものばかり。


今の赤ん坊たちは親にちゃんと遊ばせてもらってるのだろうか。


最近DV、家庭内暴力など良く聞きます。


未来ある子供には目一杯遊ばせるのがいい。


叱ってばっかじゃなんにも成長しない。




僕も将来そうあるべきなんでしょう。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。